急上昇

【記者会見】山川穂高選手が謝罪

記事内にスポンサーリンクを含みます

ソフトバンクに入団が決まった山川穂高選手が福岡市で会見を行いました。

一連の問題について謝罪したうえで、「マイナスからのスタートなので、欲を出さず一歩一歩やっていく」と決意を示しました。

山川穂高選手とは

山川穂高選手は、福岡ソフトバンクホークスの内野手で、1991年11月23日生まれの32歳です。

2013年のプロ野球ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから2位指名を受け、プロ入りしました。

2017年には、NPBのシーズン最多本塁打を記録するなど、その実力を発揮しています。

2023年には、福岡ソフトバンクホークスにFA移籍しました。

何をした?

2023年5月11日に週刊誌「文春」にて報道された山川穂高選手のわいせつ行為疑惑により、西武ライオンズから出場選手登録を抹消されました。

この件が報じられると、翌日には出場選手登録を抹消されて試合には出ていません。

球団フロントが処遇を静観している状況です。

東京地検は不起訴処分とし、発表されました。

記者会見

2023年10月5日に、一連の問題について初めて取材に応じ、以下のように謝罪しています。

「プロ野球選手としても1人の父親としても、もう一度、信頼・応援されるような選手になっていきたいと思っています。 この度は本当に申し訳ございませんでした。」